整体で変形性膝関節症は治るのか?

膝の構造的な変形は手術でしか治すことはできませんが、

今ある症状や痛みは整体施術で改善は可能です。

 

まず、変形してしまった膝関節を整体で治すことはできません。手術しかできないのです。

しかし、変形=痛みではありません

従って、曲げたり、動かしたりする痛みは手術をしなくても整体施術で症状改善は十分可能です。

 

変形性膝関節症になってしまう原因は、いくつかあります。

年齢を重ねるとともに少しずつ関節の軟骨がすり減ったり削れたりするので、慢性的な炎症や変形が起こりやすくなります。また、肥満やホルモンバランスの影響もありますが、一番の原因は、体の歪みです。

骨盤や股関節の歪みから、必要以上に膝に負担がかかってしまい、膝関節痛に陥るケースが多いです。このような状態を放置して日常生活を続けていると、膝はますます悪化し、様々な体の不調が発症する傾向があります。

まず、膝痛をよくするには、膝関節だけでなく股関節を含めた骨盤の歪みを整え、全身のバランスをよくする必要があります。

極力その膝に負担がかからない体になっていくと、痛みはかなり緩和されます

また、プールなどで筋力をつけると、長距離が歩けたり、階段の上り降りがスムーズにできたりして、少しずつ普段通りの日常生活が実現します。

つい前向きな気持ちになると、オーバーワークしてしまい、再び膝が痛くなって、整体施術を受けるという方も結構多かったりしますが、すぐに改善されるケースがほとんどです。どうぞご安心ください(^-^)

 

 

従って、医師から手術の宣告をされたとしても、結果的に手術をせず、整体施術のみで痛みはほとんど消えてしまった事例はたくさんあります。

ただ、私の経験上、重度の変形であれば手術は必要だと思います。手術+整体施術の合わせ技がどうしても必要になってきます。そのような方もいらっしゃいました。手術するかどうかの見分け方は非常に難しいので、専門家のアドバイスを参考にしていただきたいと思います。

膝関節症でお悩みの方は、豊富な経験と実績のある当院へお任せください!

皆様のご来院をお待ちしております。

 

にのみや整体院 藤沢